招き猫遊戯団日誌

招き猫遊戯団の活動記録や中の人の考えていることなどなど

於冬の7日間戦争 -インスタンス構築奮闘記:中編ー

 おはようございます~。

 Mastodonインスタンス構築奮戦記、中編でございます~。それでは張り切ってどうぞ~。

 

 

3日目

 

 今日こそはと意気込んで、10時過ぎから作業開始。やっぱり初心に立ち返り、dockerを使った方法で構築を始めた。1日目と同じサイトを参考にしながら流れ作業のようにコマンドを打ち込んでいった。そしてやっぱりdocker-composeの作成で詰まる。どうしたものかといろいろ検索してみて、こんなサイトに出逢った。

 

 Docker Compose release page (公式ページ)

 https://github.com/docker/compose/releases

 

 さくらVPSmastodonインスタンスを立てた(CentOS7) on @Qiita

 http://qiita.com/yz-2/items/9aadc5ce3f962e91275d

 

 ここのコマンド通りに打ち込んで、docker-composeを作成すると……

 

 「やったぁ!docker-compose が動くようになったっ!」

 

 第1関門突破である。ここは素直に喜んだ。

 そのお陰で作業は進み、Nginx の設定まで進んだ。mastodon.conf の設定を見て絶句する。

 

 「こ、これ全部打ち込まなきゃいけないの?」

 

 当然である。設定ファイルだから。いろいろ見やすいようにセッティングして渋々全文打ち込んだ。そしていざスタート。しかし……

 

 「えっ……エラー?」

 

 そう、全部手打ちでやった弊害である。しかし、どこをどう間違ったのか見当がつかない。英語との本格的な戦いも始まっていた。この日は悩みながら床についたのであった。

 

 

4日目

 今日中には完成するだろうと半ば期待モードで作業再開。昨日の Nginx のエラーは、dbparam.rpm というファイルがなかったことが原因だと判明。作り方を検索して華麗に解決。そして、チミチミとエラーを潰していっていよいよ nginx の設定も完了。で、さっそくネットにアクセス。

 

 「なんじゃこりゃ!」

 

 PCの画面にはでかでかと

 

 502 Bad Gateway

 

 と書かれた白いページが映っていた。ここでお試し期間中の制限を調べたら、ポートが25番しか開いてないと書いてあったのだ。

 

 「これはもうお金払うしかないじゃん……」

 

 ということで、金策に走り無事支払い完了。そして1時間くらいしてようやくサーバの全機能仕様可能に。

 

 「一応再起動しておくか……」

 

 そんな単純な頭で再起動コマンドを打ち込むと……なぜか OS のインストール画面に。また1からやり直しである。

 

 ──漸く全設定をやり直して改めてサイトを見ると……またもやあの不吉な画面。

 

 502 Bad Gateway

 「もうやってられるかぁぁぁーっ!!」

 

 こうして、作業は一時中断。AWSMastodonインスタンス構築を始めたのであった。ちなみに参考にしたのは以下のサイト。

 

 マストドンAWS構築チュートリアル完全版|初心者から大規模運用まで

 http://webfood.info/mastodon-aws-tutorial/

 

  こういう時だけ手が早い自分は格安のドメインを2つも契約してしまったのであった。ところが、ごく簡単なところであっけなく挫折。それは……ターミナルアプリをインストールしてローカルからサーバに接続しなくてはならないところ。何しろ付け焼刃の知識なので、まずどのアプリを入れていいのか分からない。適当におススメされたアプリを入れれば、設定が分からない。もうここでタイムアップ。AWSは無料ゆえに放り出すのも早い。完全に手詰まりになってしまった。

 

 ──以下、後編へ続く──

 

 さぁ、果たして無事に Mastdon のインスタンスを構築できるでしょうか?お楽しみに!

 ではでは~。