読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

招き猫遊戯団日誌

招き猫遊戯団の活動記録や中の人の考えていることなどなど

Mastodon(マストドン)について語ろう!その3:インスタンスで発言する前に

 どもども~。途中インスタンス構築奮戦記が挟まってしまいましたが、マストドンについて語ろう!その3です~。

 

 えっと、その2で自分が興味あるジャンルのインスタンスに登録してみては?と提案したのですが、いかがでしょうか?上手く見つけられたでしょうか?

 

 いざ登録してみて、「なんか思ってたのと違う……」っていう方は、一応丸1日くらいは様子を見て見た方がいいと思います~。時間帯によってアクティブなメンバーがガラッと変わるかもしれないからです。まだマストドンにはユーザー削除の機能がありません。インスタンスによってはアカウントを凍結させることによって退会扱いにしてくれるところもありますので、管理人さんと話してみてください。でなければアカウントを放置して、違うインスタンスを探しましょう~。日本には話題になってから1ヵ月くらいで爆発的にインスタンスが増殖しています。何処か1つは自分に合うインスタンスが見つかるでしょう~。

 

 そして、見事自分に合うと思われるインスタンスを見つけたとします~。まずはローカルタイムライン(以下、LTL)を遡れるだけ遡って、所謂「ローカルルール」というのを見つけた方がいいと思います~。はじめましての挨拶はそれが済んでからの方がいいでしょう~。

 

 なぜかというと、既に #自己紹介 とかいうタグがあるかもしれないからです~。ちなみにウチのインスタンスにはちゃんとそれに準じたタグがあるので、皆さんそれを使って下さっています。

 

 少なくても「書き込みテスト」とかいう発言でデビューするのはおススメできません~。普通に「はじめまして」という挨拶を書いた方が100倍マシです。この辺は Twitter とはちょっと違いますねぇ。

 

 それで何かしらの反応が返ってきたら、それに答えるといった感じでインスタンスに馴染んでいきましょう~。

 

 「別にみんなのトゥート読むだけで満足」「何かトゥートするのは恥ずかしい」という人はROM専になってしまいがちですが、できるだけ会話に参加した方が楽しいですよ~。レッツ・コミュニケーションです!

 

 それでは今回はここまでです~。お疲れ様でした~。

 ではでは~。